ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2012年12月29日土曜日

真鶴自然こどもクラブ

2012年もあとわずかとなって参りました。皆様に出会い、支えられておかげで、本年もたくさんのイベントの実施や小学校での授業を通して、「人」と「海」のかけ橋になることができました。本当にありがとうございました。

本年最後のイベントとして、12月27日に真鶴町内の子供向けイベント「真鶴自然こどもクラブ 冬の真鶴半島探検」を開催しました。このイベントは、地域の子供たちに地元の魅力を知ってもらおうというもので、町立遠藤貝類博物館とディスカバーブルーが共催し、真鶴小学校の児童に参加してもらっています。

真鶴半島探検はお林展望公園からスタートしました。ここ数日続いている厳しい寒さの中、子供達は元気に出発しました。防寒のため着膨れていたのはスタッフだけでした(笑)。
お林展望公園からスタート

まずは、お林遊歩道を抜けて番場浦遊歩道へ向かう道を歩きました。
お林は、冬になっても葉を落とさない常緑照葉樹林です。こんなに寒い時期でも、緑の葉つけているので、冬の柔らかい日差しが木漏れ日として差し込んで美しい光景を作り出していました。
冬でも緑の葉から木漏れ日が差すお林

林の中では、冬の厳しい寒さの中でもたくさん種類の植物が懸命に春を待っている姿を観察しました。見上げれば、クスノキ、クロマツ、スダジイやタブノキの巨木が枝を広げて日光に当たっていますが、暗い足下にはアオキやシダ類、お正月の飾りとしても利用される赤い実を付けたマンリョウが地面を覆い、植物の種類によって生活の方法が違っているということが観察できました。
アオキ。お林に多く生息する低木。

マンリョウ。お正月飾りとして用いられる。


また、大きな切り株をよく見つけました。これらは、近年多発している非常に強い台風や低気圧の暴風、そしてマツクイムシという害虫の被害で倒木や伐採された跡なのだそうです。
切り株に大きな穴が空いていたので、その中をみんなでのぞいたり、入ってみたりしました。こども2人も入れる穴が空いた大きな切り株でした。
でも、なくなってしまった大きな木のあとには日が当たります。すると、さまざまな植物が日の光を浴びることによって成長しはじめます。そしていつか、再びもとの林に戻っていく、そんな自然の営みも観察することができました。
切り株の穴に侵入チャレンジ中。何人は入れるかな?

お林を抜けた番場浦海岸では、波打ち際のすぐそばで数千年前の植物の化石を観察しました。この化石は今年紹介されたジオパークの一部にもなっていますが、真鶴半島では数百年にわたる林の営みに加え、数千年前の林の姿まで観察することができます。
数千年前の植物の化石。ジオパークに登録されています。

子供たちは自然のいろんなものを発見し、冬の山でも海でも遊び方が上手です。でもそれが、豊かな自然がある真鶴半島だからこそだということに気づいて、もっと好きになり、大切に思う気持ちをもってくれたらいいなと思います。

この冬の今回行った冬の真鶴半島探検とほぼ同様の内容で、「真鶴半島ネイチャーウォーク」として一般向けに1/27(日)、2/2(土)に開催します。是非、ご参加下さい。


それでは、みなさま良いお年をお迎えください。
来年もみなさまに素敵な海との出会いがありますように。

2012年12月20日木曜日

3月までの「海のミュージアム」のスケジュール


Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。

来年3月までの「海のミュージアム」の日程が決まりました!
詳しくはこちら→http://discoverblue.org/lomanazuruevent.html

ぜひご参加ください。

2012年12月10日月曜日

「海のミュージアム』ビーチコーミング〜なぎさは自然の博物館〜vol.2

Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。



12月2日は、「ビーチコーミング ~なぎさは自然の博物館~」の2回目を開催しました。前回開催から約1ヶ月が経過し、冬の寒さが増した海辺で生活している生物を探したり、海のものや河川が海に運んだ陸のものなど、様々な場所から海流によって運ばれて流れ着いた「漂着物」を集めて、観察しました。


はじめに、真鶴町立遠藤貝類博物館内で、ビーチコーミングについてや真鶴周辺の海流や相模湾に流れ込む河川が運んだものがどのように流れてくるのかについて解説しました。

その後、博物館を出発し、番場浦海岸から潮騒遊歩道を抜けて三ツ石海岸へ移動しながら、ビーチコーミング(漂着物の探索)をしました。

お林を抜けて番場浦海岸へ



夏場に比べるとずっと気温が低くなりましたが、そのような環境でも、ナマコやカニ、貝などの姿を見つけることができました。気温が低いせいか、カニは動きが遅く簡単につかまえることができました。
ビーチコーミングの様子。

ムラサキクルマナマコ。
触ると柔らかく、つるつるとしています。


また、海辺は潮の影響を受けるため、森林などで見かける植物にとっては厳しい環境なのですが、海辺でしか見られない海岸植物もあります。
冬のこの時期は、イソギクやツワブキが見頃で黄色の花が海岸を彩っていました。
イソギクの黄色が鮮やかです

さらに今回は、沖縄などで見られるミナミイワガニも見つけました。このような生物は、南方からはるばる黒潮に乗って、相模湾へやってくると考えられます。こんな遠方からの生物と出会いからも、海がさまざまな環境の場所とつながっているのだということを実感することができます。
ミナミイワガニ

採集を終えて博物館に戻ってから、集めた漂着物を「どこから来たものか?」をポイントに分類し、スタッフから解説させて頂きました。海の生物や貝殻はもちろん、くるみやカマキリの卵嚢などは山から、ガラス片や空き缶のプルタブ、ゴミなどは私たちの住む町から海へ来たものと考えられます。
みなさんが集めた漂着物を分類。海からのもの、山や陸からのものなど。

スタッフが漂着物について解説しました。

なぎさの漂着物をちょっとした知識をもって見つめてみると、私たちの生活と海のつながり、海や陸の自然環境のつながりなど、たくさんのことを教えてくれました。

次回の海のミュージアムは、「冬の真鶴半島ネイチャーウォーク」1/27(日)、2/2(土)となります。真鶴の海辺やお林などの素晴らしい自然や港町の景色の中を解説を交えながら歩きます。ぜひ、ご参加ください。

2012年11月18日日曜日

「海のミュージアム」シンポジウム:海を学び、海に親しむ場づくり〜まなづるの海、人、まち〜

Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。

11月18日は、シンポジウム「海を学び、海に親しむ場づくり〜まなづるの海、人、まち〜」を開催しました。今回は普段の様な観察会ではなく、真鶴町の豊かな海の自然、そしてそれを町内外の人に知っていただくための取り組みについてご紹介し、さらに、これからの真鶴町の海と人との関わり方として目指すべきことなどについて、パネルディスカッションを行いました。

第一部では横浜国立大学大学院環境情報学府附属臨海環境センターの下出准教授に「真鶴半島周辺の海洋環境とプランクトン」をご講演いただきました。相模湾の海水には、沿岸水、黒潮系水、北太平洋中層水、太平洋深層水などが層になって水深毎に分布していること、真鶴沖では植物プランクトンがおよそ200種確認されていること、カイアシ類は88種以上生息し、秋に黒潮系の種多く出現し、種数が増えることなどをご紹介いただきました。

横浜国立大学下出准教授による講演
続いて、町立遠藤貝類博物館の山本学芸員が「真鶴の磯でみられる生物たち」を紹介し、Discover Blue代表理事の水井が「真鶴の海中世界」として、スキューバダイビングで見られる生物などを紹介しました。

山本学芸員による磯の生物の紹介
Discover Blue水井による海中景観の紹介
その後、パネルディスカッションを開催し、最初に『まなづるの海を学び、海に親しむ取組み』として、横浜国立大学臨海環境センターの取り組み(下出准教授)、真鶴町漁業共同組合の取り組み(山本学芸員代理説明)、海の学校事業の取り組み(町立遠藤貝類博物館 渡部学習指導員)、「神奈川県 新しい公共の場づくりのためのモデル事業 Life with the Ocean まなづる」(水井)について、それぞれ紹介していただきました。
その後、真鶴町の牧岡教育長にもご登壇いただき、パネラー及び来場者とのディスカッションを行いました。議論は多岐におよびましたが、真鶴という豊かな海の自然が残されている地で「海を学び、親しむ場づくり」を行っていくことは、町民や町のこどもたちのみならず、周辺地域や首都圏においても、貴重な機会創出となることが期待されます。

渡部学習指導員による
海の学校事業の説明
牧岡教育長にもご登壇いただいた
パネルディスカッション

お忙しい中ご登壇いただいたパネラーの方、お集まりいただいた参加者の皆様、誠にありがとうございました。


2012年11月6日火曜日

「海のミュージアム」ビーチコーミング 〜なぎさは自然の博物館〜


Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。

11月4日は、「ビーチコーミング 〜なぎさは自然の博物館〜」を開催しました。
相模湾の海流は反時計回りに三浦半島から湘南海岸を通り、真鶴半島の方へ流れています。そのため、真鶴半島にはいろいろなものが漂着します。さらに、相模湾に注ぐ相模川・酒匂川・早川が、丹沢や箱根からさまざまなものを海に運び、それらも真鶴半島に流れ着きます。いろいろな漂着物を集めることで、海だけではなく陸上も含めた地域の自然を知る手がかりとなります。

真鶴町立遠藤貝類博物館で海流や相模湾に注ぐ川の流域などについて説明したのち、実際に海岸に降りて漂着物を探しました。真鶴半島の番場浦海岸〜三ツ石海岸に移動しながらの探索ですが、わずかな距離を移動するだけで、漂着物の種類や砂の変化を感じることができました。また、石の下にはカニや貝、ナマコなどさまざまな生物を見つけることができました。
漂着物を探しています。石の間には生きているカニや貝なども。
1時間半程のビーチコーミングで、海藻や生物の殻など海のもの以外にも、ネズミやリスにかじられたあとのあるクルミ、どんぐり、ほ乳類の骨などいろいろなものが見つかりました。

皆さんで集めたものをわけています
海のもの以外にも動物にかじられたクルミなどが集まりました


 さらに、真鶴半島の各海岸や周辺地域の砂を顕微鏡を使って観察していただきました。海岸の砂といっても場所によって、岩石が多いところ、貝など海の生物の炭酸カルシウムのからが多い場所など、その違いを実感していただけたと思います。

顕微鏡を使って砂を観察
三ツ石海岸の砂は貝やウニの殻がなどが多い
何気なく歩いている海岸でも、海や陸の自然を知るてがかりが流れ着いていて、ちょっとした知識があれば、「なぎさは自然の博物館」となります。

次回の「ビーチコーミング」は12月2日(日)に開催いたします。解説や内容は少し難しいですが、様々な発見もあるので、お子様でも十分楽しめる内容です。大人だけでのご参加もご家族でのご参加も大歓迎です。

詳しくはこちら↓をごらんください。

2012年11月5日月曜日

真鶴自然こどもクラブ 〜真鶴の魚を知ろう!〜

11月3日(土)に「真鶴自然こどもクラブ 真鶴の魚を知ろう!」を開催し、魚市場見学と魚の解剖を行いました。

朝7時、真鶴町の真鶴漁港に集合し、魚市場の見学をしました。真鶴町の「海を学び、海に親しむ場づくり協議会」にもご参画していただいている、真鶴町漁業協同組合の課長、朝倉一志さんに案内していただきました。
シイラ
マルソウダガツオ

最初に、今日水揚げされたさまざまな魚について説明していただきました。シイラやカツオ、カマス、カンパチ、ウルメイワシなどなど、定置網などでとれた真鶴の魚を紹介していただきました。この日の水揚げは約4トンとのことでした。

競りの様子
定置網の説明(説明は漁協の朝倉課長)
その後、とれた魚を-30℃以下で保存するための冷蔵庫や魚を出荷する際に使う氷の貯蔵庫など魚市場の設備を案内していただいたあとに、真鶴の漁業について説明していただきました。相模湾にちょこっとでている小さな真鶴半島の周辺には、なんと大小8基の定置網が入っているそうです!相模湾の中でもそれだけ真鶴半島周辺海域は豊かな海ということを教えていただきました。また、定置網に入ったおよそ8割の魚は網の外に逃げていき、2割だけを水揚げしていて、取りすぎることはなく、持続可能な漁法であることを説明していただきました。真鶴町漁協では定置網を漁師さんが自ら作り上げることができる、日本でもいまでは数少ない技術をもった漁協さんだそうです。(ちなみにメインの定置網は長さ400m以上、固定するためのおもりに使う土嚢は2万個だそうです!)

さらに、いま漁業が抱える問題とともに、きついけれども海の自然と共に生き、美味しい魚がたくさん食べることができる漁業という仕事の魅力をお話され、小学生のみんなにぜひ漁師になることも将来の選択肢の一つに入れて欲しいとお願いしていました。この中から、真鶴の漁業を担う漁師さんが将来誕生したらうれしいです!朝倉さん、ありがとうございました。

その後、漁港や魚介類などの供養をしている「鯖大師」など散策しながら、徒歩で横浜国立大学臨海環境センターに向かいました。
網にかかったって捨てられたものを探索中
港から小さな坂道をのぼり鯖大師へ
 漁港ではエビ網と呼ばれるイセエビをつかまえる網を干している場所のそばで宝さがしをしました。エビ網には様々な生物がかかりますが、その中には食べられないものもかかります。漁師さんは捨ててしまうのですが、実はそこには地域の海の姿を知る、めずらしい生物が混ざっています。今回もサンゴのなかまや磯にはいない生物などが見つかりました。そこから小さな坂道を上って、港を望む素敵な町並みを通り抜け、鯖大師を見学しました。

横浜国立大学臨海環境センターでは、真鶴町漁協さんから提供していただいた、サバ、マルソウダガツオ、カマスを解剖して、魚の体や胃の中身を観察しました。参加してくれたこどものほとんどが、魚をさばいた経験がなかった様ですが、お父さんやお母さん、スタッフの力をかりて、上手に解剖することができました。魚の内蔵を観察した後、胃の中身(胃内容物)を顕微鏡で観察し、動物プランクトンなどを確認することができました。そして、解剖の後は、責任をもって自分で解剖した魚を炭火で焼いて試食しました。みんながビックリするくらい美味しさで、お母さんからは「家ではこんなに食べないのに」と言う声が出るくらい、夢中になって食べていました。笑
はさみを使って上手に解剖
みんなで魚を炭火で焼いてます
ソウダガツオ、サバ、カマス
とれたてを炭火で焼いて美味しくいただきました
 これまでこのクラブで観察をしてきた生物たちが魚のエサになることで、みんなも間接的に恩恵を受けていたことなどを観察とレクチャーを通して実感してもらえたと思います。
豊かな海の自然は、まわりにある丹沢や箱根などの山や森から川を流れてくる栄養に支えられています。山と海との間に暮らす私たちはその恩恵を常に受けていること、自然豊かな(そして美味しい魚をいつも食べられる!)地域に暮らせる喜びをいつも忘れずにいてもらいたいと願っています。

とっても素敵な秋の土曜日でした。


「真鶴自然こどもクラブ」、「海を学び、海に親しむ場づくり協議会」は、真鶴町と特定非営利活動法人ディスカバーブルーが提案し、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に採択されたプロジェクト「Life with the Ocean まなづる 〜海を学び、海に親しむ場づくり〜」の一環として実施しています。








2012年10月30日火曜日

真鶴自然こどもクラブ 〜潮だまりの生物をしかけやわなを作ってつかまえてみよう!〜

10/28(日)に「真鶴自然こどもクラブ 〜潮だまりの生物をしかけやわなを作ってつかまえてみよう!〜」を開催しました。

真鶴半島の三ツ石海岸の磯にはいろいろな生物がいます。しかし、素早く動く魚や隠れている生物などはなかなかつかまえることができません。今回は、ペットボトルを使った簡単なトラップを使って、そんな生物たちをつかまえてみる企画です。

真鶴町立遠藤貝類博物館でペットボトルを使った基本的なトラップの作り方を説明したあと、今回参加してくれた1〜6年生の小学生が、友だちや姉妹で2人1組になって、つかまえたい生物の習性などを考え、スタッフと相談しながら自分たちでトラップを作ってもらいました。
ペットボトルのトラップをスタッフと相談しながら作成
三ツ石海岸に移動後、トラップにおもりとなる石とエサをいれました。エサは、魚肉ソーセージ、魚(さんま)の切り身、アオイソメ(釣りエサとなるゴカイ)から選んでもらいました。準備ができたらつかまえられそうな場所を選んで、トラップをしかけました。

トラップを準備中
トラップ設置。なぜか折り紙の鶴?!


トラップをしかけ、生物がはいるまで1時間ほど待ちました。その間に、三ツ石海岸でビーチコーミングをしました。漂着しているものをみんなで探して、スタッフが漂着物やそれからわかる海や山の自然を解説しました。いろいろな貝殻やカニの爪、山から流れてきたクルミなどを見つけることができました。この日一番みんなが興味をもったのは、アカウミガメの骨でした。砂の中に埋まっていたところを小学生のひとりが発見してくれました。甲羅がまるまる残っていて、ウミガメの体のつくりがよくわかるものでした。
三ツ石海岸はまわりを磯で囲まれているため、カメが産卵にくることはありません。しかし、相模湾をまわった海流が真鶴半島にあたっているため、相模湾やそこに注ぐ川が運んでくる海や山の自然の「おくりもの」を数多くみつけることができます。

ビーチコーミングで盛り上がった後、トラップを回収しました。
なにか入ってる!!
今回とれたのは、イソハゼ2匹、イボイワオオギガニ1匹、ボサツガイ(巻貝)5匹と、あまり多くはありませんでした。もっととれると期待していたので、ちょっと残念でした。理由はいろいろ考えられます。ペットボトルの簡単なトラップは応用すると様々な場所で、いろいろな生物をとることができるので、今回の反省を活かしながら、みんなでまたチャレンジしてみてください!!

「真鶴自然こどもクラブ」は、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に採択された「Life with the Ocean  まなづる 〜海を学び、海に親しむ場づくり〜」の一環として、真鶴町内の児童を対象に実施しています。

一般の方を対象としたイベント「海のミュージアム」では、今回と同じ三ツ石海岸でビーチコーミングを実施します。ぜひ遊びに来てください。

11/4(日)、12/2(日)開催!「ビーチコーミング 〜なぎさは自然の博物館〜」詳細はこちら

2012年10月27日土曜日

「海」の授業 〜地域の海の自然を知る授業〜 小田原市立富士見小学校

学校の授業では、海の自然や生物についてほとんど扱われません。教師の方が取り上げたくとも、海の生物や生態系についての専門的な知識を得ることなかなかできません。そこで、Disocver Blueでは小学校への出前授業として地域の海の自然を知る機会を提供する「海の授業」を行っています。

今回は、6月に海の生物を持ち込んでイベントをさせていただいた富士見小学校の5年3組で「海の授業」を実施させていただきました。5年3組では酒匂川のプランクトンなどもしらべているとのことで、海の話のみならず、川の生物や海と川の関わり合いなどについてお話しさせていただきました。

スライドを使って、神奈川の海の環境と多様な生物を写真などを使って紹介しました。きれいで見なれない生物がたくさん生息していること、暖かい海に住むチョウチョウウオの仲間やジンベイザメもやってくること、そして、海の生物についてはまだまだわからないことがたくさんあることなどを説明しました。さらに、小田原市内の漁港で採取してきたプランクトンを投影して、動いている姿と多様な種類がいることを実感してもらいました。
続いて、川の生物と海と川の関わり合いについて紹介しました。豊かな海の生態系は川が運ぶ栄養に支えられていること、海と川を行き来する生物がいること、川が運ぶ砂が海の浜辺を作っていることなどを説明しました。

最後は、海と川の関わり合いを人間が崩してしまうことやゴミのポイ捨てなど、人間の良くない行動の結果は、海に流れていってしまうことなどを説明しました。
ひとりでも多くのこどもたちが、自分たちの暮らす地域の海の自然について理解し、思いやる気持ちを持ってくれることを願っています。

Discover Blueでは個人や企業様からのサポートを得て、今後、このような活動を積極的に実施していこうと考えています。今年度はまず神奈川県内および近隣都県の数校を目処に実施し、来年度以降順次拡大してまいります。授業の内容については、各学校のねらいに合わせて対応させていただきます。
ご興味のある学校の先生方、ご支援いただける方はお気軽にご相談ください。

2012年10月22日月曜日

秋の港で生物観察できちゃいました! 〜プランクトン観察会〜

Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。

10月21日は、プランクトン観察会を開催しました。
前回予定していた9月30日は、台風の影響により中止となってしまいましたが、今回は美しい秋空のもとで開催することができました。

真鶴町にある横浜国立大学臨海環境センターで、海の環境や生態系についてのレクチャーとプランクトンの採取方法について説明してから、歩いて5分程の岩漁港にプランクトン採取に出かけました。


岸壁からいろいろな生物を観察できました
青い魚はスズメダイの仲間





冬が近づくにつれ、プランクトンはだんだん少なくなってしまいます。でも、プランクトンが少なくなってくると、海の透明度が良くなってくるので、岸壁から海の中の魚たちを眺めることができる様になってきます。さらに、この時期は水温がまだ暖かく、チョウチョウウオやスズメダイの仲間など南からやって来た色とりどりの魚たちを岸壁から観察することができました。また、岸壁にくっついていたミヤコウミウシをスタッフがつかまえて観察したり、漁師さんにガザミ(ワタリガニの仲間)を見せていただいたりと、プランクトン観察の前にたくさんの生物を皆さんにご紹介できました。


ミヤコウミウシ
(撮影は今回ではありません)
南のさかなたち
(撮影は今回ではありません)



プランクトン採集では、皆さんに一人ずつプランクトンネットを使って採取してもらいました。持参したペットボトルにプランクトンをいれて、横浜国立大学臨海環境センターへ持ち帰った後、顕微鏡で観察しました。今回は三角形や円形、数珠の様につながったケイ藻類のほか、動物プランクトンの中でも代表的なカイアシ類やプラナリアの一種、巻貝の幼生やゴカイの幼生などを観察することができました。
みなさんにプランクトンを採取していただきました

海にも四季があります。これから冬にかけてプランクトンは少なくなってきてしまいます。今シーズンの「海のミュージアム プランクトン観察会」はこれが最後となります。次のプランクトン観察会は、海に早めの春がやってくる3月頃を予定しております。

今後の「海のミュージアム」では、「ビーチコーミング 〜なぎさは自然の博物館〜」(11月4日、12月2日)など冬のイベントを計画しています。普段あまり訪れる機会のない冬の海の魅力をご紹介します!
詳しくはこちら↓をごらんください。
http://discoverblue.org/lomanazuruevent.html

2012年10月15日月曜日

ダイバー向け プランクトン観察会 Vol.2


Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、「Life with the Ocean まなづる 〜海を学び、海に親しむ場づくり〜」を実施しています。今回は、真鶴町の岩漁業協同組合(岩ダイビングセンター)とのコラボレーションで、「ダイバー向けプランクトン観察会」を10月14日(日)に開催しました。

真鶴の海でダイビングを楽しんで頂いた後、ダイバーの皆さんにプランクトンを観察していただきました。
9月8日に続いて二回目の今回は、前回より多くのお客様に参加頂き、より広い岩漁協の組合事務所の二階をお借りしました。趣のある、とても素敵な会場を使わせていただきました。


岩漁業協同組合の事務所

はじめに岩漁港でスタッフからプランクトンの採集方法を説明し、数名の方に港の岸壁からプランクトンネットを使用して、プランクトンを採集して頂きました。

その後、漁協事務所の二階にてプランクトンや海の自然についてレクチャーをしてから、港で採集したものを顕微鏡で観察していただきました。




プランクトンは冬期になると数が少なくなってしまうので、今回も夏期に比べると減っているようでしたが、小魚のエサとなるカイアシ類、ゴカイや貝の幼生などの動物プランクトンが小さな体で動き回る様子などと植物プランクトンのケイ藻類の多様で美しい形を観察して頂けました。

また、観察後には、今回見られなかったプランクトンの紹介や生態系のレクチャーをさせて頂きました。


ダイバーのみなさんはいつもスキューバダイビングを楽しんでいるので、海の生物に詳しい方もたくさんいらっしゃいます。ですが、プランクトンについては実際に見る機会はなかなかないとのことで、ご自分の顕微鏡で観察したプランクトンの名前について質問頂いたり、熱心にメモをとられたりされていました。

ダイバー向けプランクトン観察会、次回11月11日(日)にも開催します。
いつも親しんでいる海にいる、目には見えない存在のプランクトン。観察会に参加頂き海のプランクトンについて知って頂くことで、更にダイビングの楽しみが広がると思います。ぜひ、ご参加下さい。
詳細、ご予約は岩ダイビングセンターへ。http://iwadive.divingnavi.info

2012年10月4日木曜日

12月までの「海のミュージアム」日程

Discover Blueでは、神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町と採択され、町立遠藤貝類博物館と皆さんに海の生物や生態系を知っていただくイベント「海のミュージアム」を開催しています。

12月までの「海のミュージアム」の日程が決まりました。
10月21日(日)開催のプランクトン観察会は受付も開始しました。
詳しくはこちら→http://discoverblue.org/lomanazuruevent.html

ぜひご参加ください。

JAF会員様向けイベント「磯の生物観察会 in 真鶴町三ツ石海岸」

9月17日(祝)にJAF(一般社団法人 日本自動車連盟)会員様向けイベント、『いま、自然を考える』「磯の生物観察会in真鶴町三ツ石海岸」を開催させていただきました。
その様子が、JAF様のホームページに掲載していただいております。

JAF様 ホームページ(外部リンク)
http://jafevent.jp/event_info/area_info/report.php?From=detail&contribution_id=47870

Discover Blueでは、企業や団体様向けの観察会などのイベントや研修等を目的に合わせて企画・開催をさせていたきます。海の生物、生態系や環境などについて、専門的な知識を持つスタッフ(博士・修士)が解説いたします。ご興味があればお気軽にお問い合わせください。

2012年10月2日火曜日

真鶴さかなまつり


9月30日(日)に開催された「真鶴さかなまつり」にDiscover Blueと真鶴町立遠藤貝類博物館が共同でプランクトンの観察コーナーを出展しました

「真鶴さかなまつり」は、真鶴町漁業協同組合が真鶴町のおいしい魚を広くアピールすることなどを目的に毎年開催されています。定置網などで取れた鮮魚の販売、マグロの解体ショー、魚のつかみ取り体験などが行われています。

Discover Blue、真鶴町立遠藤貝類博物館と真鶴町漁業協同組合などでは、プロジェクト「Life with the Ocean まなづる 〜海を学び、親しむ場づくり〜」(神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業)で様々な協力を行っています。今回は、魚を含めた海の生態系をより多くのみなさまに理解していただくために、魚のエサなどとして、海の生態系を支えるプランクトンを紹介する場を「真鶴さかなまつり」でつくらせていただきました。

当日は台風17号が本州に上陸し、関東に接近する日でしたが、町内外からたくさんの方々にご来場いただくことができました。

いつもは魚がならぶ魚市場に顕微鏡を並べ、真鶴漁港で採集したプランクトンを観察してもらいました。真鶴の海には多様で豊富な小さなプランクトンが生息しています。このプランクトンを魚が食べ、そして私たちが美味しい魚を食べられることをご紹介させていただきました。
顕微鏡をご自分で使って観察していただけるプログラムの様子


簡単にプランクトンを観察し、スタッフに質問ができるコーナーの様子

残念ながら、今年の「真鶴さかなまつり」は台風の接近により午後は中止となり、短い時間での開催となってしまいましたが、来場頂いた方々には、大変興味をもって観察していただき、スタッフへもたくさん質問をいただき、内容の濃いイベントととなりました。
真鶴の魚を味わうときに、そのエサとなるプランクトンや海の環境、生態系のことを思い出していただけると幸いです。

スタッフもイベントの合間や終了後にイセエビのお味噌汁など、おいしいものをたくさんいただきました。「真鶴さかなまつり」は毎年この時期に開催されています。ぜひ一度、真鶴のおいしい魚を味わいに来てください。

同日の午後に開催予定でした「海のミュージアム」プランクトン観察会は台風の影響のため中止とさせていただきました。お申し込みいただいた方にはご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした。
次回の「海のミュージアム」プランクトン観察会は、10月21日(日)に開催します。冬季はプランクトンの数が少なくなってしまうため、今年最後のプランクトン観察会となります。ぜひご参加ください。
Powered by Blogger.

Blog Archive

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.