ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2017年6月12日月曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2017年6月10日(日

2017年6月10日(土)は、海のミュージアム「磯の生物観察会」と「海の自然実感教室」を開催しました。

磯の生物観察会では、はじめに海に関するお話や磯の環境、生物の探し方や、活動中に注意していただくことなどをお話ししています。野外での活動は危険もありますが、事前に知って対策することで安全に楽しむことができます。ガンガゼやヒョウモンダコなど触ると危険な生物などもご紹介しました。

 その後、三ツ石海岸の磯でご参加のみなさんとスタッフと一緒に生物をさがして磯遊びを楽しんでいただきました。

真鶴半島は火山の溶岩でできた半島で、海岸もごつごつした岩が続き、これが生物たちの生活場所としては最適なのですが、私たちが歩くには歩きにくいところもあります。小さなお子さんもお子さんもお父さん、お母さんと手をつないで頑張って歩いていました。

 生物は潮だまりや石の下に隠れています。ご家族で協力して探すのも楽しいですね。

石の隙間にたくさんくっついているゼリーのようなウメボシイソギンチャクには、ご参加のみなさんもびっくりされていました。三ツ石海岸ではウメボシイソギンチャクが集まって生息している群生が素晴らしく、神奈川県の天然記念物に指定されています。

1時間ほど生物を探したあと、見つけた生物を持って集合していただきました。
みなさんで探すとたくさんの種類を観察することができます。生物についてはスタッフから紹介や解説をしました。

今回人気を集めたのは、何と言ってもアオウミウシでした。
青地の体に黄色のライン、赤の触覚と背中にお花のような鰓を持った鮮やかなウミウシの登場に、ご参加のみなさんも私たちスタッフも盛り上がりました。残念ながらいつも見つかるわけではないのですが、そこも自然観察の楽しさのひとつです。
アオウミウシ

アオウミウシの人気の陰で、実はさらに2種類のウミウシが見つかっていました。ヤマトウミウシとアマクサウミウシです。ウミウシというと美しい色のイメージがありますが、地味なカラーや大きなサイズのものもいます。
ヤマトウミウシ。体調10cm程度でした。
 
午後は、真鶴町立遠藤貝類博物館テラスで「海の自然実感教室」を行いました。磯の生物観察で見つかる生物のさらに詳しいお話や観察のほか、沖合を泳ぐ魚や海底の砂に潜って生活する生物をご紹介しました。生物の殻や骨格などの実物の標本を使い、ご参加の方にも実際に触れて観察していただきました。 

後半は、顕微鏡を使ってプランクトンを観察しました。当日の朝、真鶴港で事前に採集してきたプランクトンを見ていただくので、顕微鏡の視野の中でカイアシ類やフジツボの幼生(こども)などの動物プランクトンが動く様子が観察できます。

動物プランクトン カイアシ類

今回の観察でのスタッフ注目のプランクトンはホヤの幼生です。ホヤは岩などに付着して生きる生物ですが、卵から孵ったこどもの時代はプランクトンとしてまるで小さなオタマジャクシのような形をしています。また、このプランクトンのときだけ細長く伸びた尾の部分に背骨を持つことが特徴ですが、これが顕微鏡でも観察できました。
ホヤ類の幼生(こども)

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

Powered by Blogger.

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.